静岡県の公立高校入試対策なら・・・・富士宮教材開発

静岡県公立高校入試過去問のくわしい解説。1年分1教科平均35ページの圧倒的な解説量!!


入試の過去問 やってみましたか?

中学3年生のみなさんは、いよいよ入試ですね、過去問などにも取り組んでおられると思います。

確かに過去問演習が最高・最善の受験勉強です。でも・・・

 

入試の問題、難しくないですか?それはそうです。

学調問題と比べても、さらに難易度が高くなっています。なかなか点をとれないで困っている方も多いでしょう。

 

そのわりには、一般に過去問についているは解説1~2ページ程度ですし、ふつう学校や塾でも解説を聞ける機会はそれほどありませんよね。


 それにたとえ解説を受ける機会があったとしても、一般的には模範解答をそのまま説明するだけで、

どうしてその解法に至ったのか、どうすればその解法を思いつけるようになれるのか、

こういう踏み込んだところまで満たしてくれる解説には、なかなかめぐり会えません。

「解き方と答えはわかったけど、自分ではできるような気がしない。」

と感じることも多いのではないでしょうか。

残念ながらその通りです。解き方と答えをみるだけでは、次につながりません。

 

一番良いのは、経験豊かなその道のプロにマンツーマンで解説してもらうことです。

しかしそれも、時間的・費用的に難しいですよね。

そこで・・・


1年分1教科で35ページです。

 平成29年度および平成28年度 静岡県高等学校入学者選抜学力検査問題(去年とおととしの過去問のことです)を、くわしく解説した教材を準備しました。

静岡県公立高校入試 過去問解説マニュアル

1教科平均35ページ(A4サイズ)の圧倒的な解説量!!

英語・数学・国語・理科・社会の5教科そろっています。

 1教科3,480円

この解説資料を、印刷物の形で提供します。


さて、この解説冊子ですが

 

A4用紙に、なんと1教科1年分平均35ページ!!の分量です。一般的な過去問についている解説は詳しいものでも3pくらいでしょう。ですから第一に解説の量が違いますが、それだけではありません。

 

塾講師歴20年以上の経験に基づく、研究されつくした「目からうろこ」のわかりやすく効率のよい解法だけでなく、その解法にたどり着くまで着想の持ち方や、出題者側の意図、その問題にある背景まで、これでもか、というくらいくわしく解説してあります。一流のマンツーマン授業が紙に書き起こされたものとお考え下さい。

 

 ですから、この解説をみながら過去問を勉強するだけで、その教科の様々な問題に対応できるようになり、何が大切かをつかめるので普段の勉強の効率も上がります


※入試過去問解説マニュアルで、お子さんは必ずや真の学力を身につけ、受験でも高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

この教材で高い成果が得られる7つの理由

1.もともとこの教材は、完全個別指導の塾で講師用の解説マニュアルとしてつくられた資料です。

1対1の個別指導で、アルバイトの講師でもそれをみながら過去問の解説指導を、完ぺきにこなせるようにつくられた資料をもとにしています。ですから普通では絶対に見られない教材です。

2.本当に大切なこと=「本質」を伝えています。

どの教科も「教えるべき内容」すなわち「生徒さんたちが身につけるべきこと」は決まっています。

1対1の個別指導の長い経験の中で私どもは、生徒さんたちが「どういうところをわからないのか?」また「どうすればわかるようになるのか?」を熟知しいます。

どんなに良い解説でも、生徒さんに伝わらなければ意味はありません。

私たちは長年の個別指導の経験から・・・伝えられます。


3.今までどこにもなかったような教材です。

枚数だけで、どれだけ詳しいかお分かりいただけると思います。今までこんな解説はみたことがないと思います。

いきなり問題を解き始めません。1問1問最初から、どこから考え始めたらよいかから説明を始めています。

特に後半の大問は、一問あたり3~8枚の枚数をとっています。

 

一流のマンツーマンの解説授業が、紙に書き起こされているものとお考えください。

一般の塾で、3~5時間程の授業を受けたとしても得られないほどの知識と技術を、お子さん(あるいは受験生であるあなた)は身につけることができます。

4.印刷物の形で提供します。

またこの解説冊子は、印刷物のかたちで提供します。「何度でも」「自分のペースで」見直すことができます。

 大切なところは、何度も読み返してください。過去問もよい点が取れるまで同じものでも何度も取り組みましょう。

 

 映像授業のように、わかり切って退屈な内容でも15分、まったく話についていけなくても15分、なんてことはありません。

1回目はたくさん時間をかけて解説資料を消化し、2回目・3回目は必要なところだけ見直すこともできます。

 

また、自分で必要と思うところにマーカーや書き込みをすることもできます。

自分だけの参考書をつくってください。

5.ものすごく言いづらいのですが、かなり質が高いです。

言いづらいというのは、この解説マニュアルをみてから、一般の教材やネットでアップされている解答や解説をみると、かなり物足りなく感じるということです。

 

特に大学入試制度改革に伴う、いわゆる「新傾向」「新学力観」と呼ばれる内容の問題に関しましては、その分析・対処法において他にかなり大きな差をつけていることは間違いありません。


6.入試問題そのものの質が圧倒的に高いです。

入試問題というのは、能力の高い先生方が集中的に時間をかけて作成した問題です。

ですから、他のすべての問題集の問題と比べて圧倒的に質が高いです。

 

良質の問題で勉強することは、質の劣る問題で勉強するより、何倍、何十倍の効果があります。

1年分だけでその教科に必要な素養は、ほとんどすべて試されるといってもいいでしょう。(そのための入試です。)

 繰り返しますが過去問も1度やって終わりにせず、何度も取り組みましょう。それだけの価値があります。

 

7.添削シートがついています。

実は高校によって、そのレベルに合わせて採点基準はまちまちです。

自分ではあっているかどうか判断できない記述問題や英作文問題について、備え付けの「添削シート」にご自分の答えを書いてお送りください。志望校に合わせた添削指導ができます。

くわしくは、商分紹介ページへ。

受験前ですが早くも感想を頂きました。

富士市の中学3年女子
富士市の中学3年女子
三島市中学3年生女子 少し画像が切れてしまいました。すみません。
三島市中学3年生女子 少し画像が切れてしまいました。すみません。

「去年の問題なんて、今年同じのが出るわけないから意味ないんじゃないか?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことありません。

(それをいうなら、2年前のものでも3年前のものでも、まったく同じ問題は出ません。)

大切なのは、問題に対する「取り組み方」や「考え方」です。

できてるつもりだったけど少し問題の出され方を変えられるとわかんなくなっちゃう、それではつまらないですよね。

問題をみて、「どういうこと(能力・技術・知識)を求められているのか」を読み取ったり、

「どのように考えていけばいいのか(方針)」を立てられることが、本当に必要な力です。

 

この解説冊子は、みなさんがそういう力を身につけるための強力な味方になるはずです。

なんせ平均35ページの解説という、 他には絶対にないアプローチです。

今までに、こんなのみたことありますか?

 

言われたようにがんばっていろいろ覚えようとするけど、なかなか点数が上がらない。

 そんなことありませんか?

あなたに足りなかったものがここにあるかもしれません。

生徒さんたちの勉強に対するストレスを少しでも取りのぞこうとこの仕事をしています。

当塾の塾生たちは、みんな楽しく勉強してくれています。

当塾の塾生だけに限らず、必要としてくれる方の手助けを少しでもできれば、と考えています。

 

そこらへんの塾、月謝は2~3万といったところでしょうか?

そういうところに1か月や2か月通っても得られないような情報量が詰まっています。

また、各教科の本質的な考え方を特に意識して解説してあります。

特に、今まで自分なりにがんばってはいたけどなかなか点数が上がらなかったという方におすすめです。

これを使えば今までがんばっていたことの点と点が線でつながり、理解が劇的に進むでしょう。

今までの努力をむだにしないでください。ここで実を結ばせましょう。

あなたのこれまでの努力は、必ずむくわれます。

 

また、指針がわかるのでこれから受験までの勉強を効果的に進めることができます。

最後のラストスパートを充実したものにして下さい。

 

充実していれば勉強は楽しくなります。楽しんでできれば、成果は簡単についてきます。


お支払いと商品の受け渡しは、

①商品代引き配達

②銀行振り込み。入金確認後発送します。

(振込先:富士宮信用金庫 上井出支店 普通口座0044940イデマサホ手数料はお客様負担でお願いします)

③Pay Palによるクレジット払い。

 ①②③とも、今回は送料はこちらで負担させていただきます。(送料無料)

 ④また、近隣の方は直接取りに来てもらってもかまいません。

 

※注意:どちらの商品にも実際の過去問は同封されておりません。

実際に過去問をもう一度やってみて、あるいはやりながらこの教材を使うのが効果的です。

過去問は手ごろな値段で市販されておりますし、またインターネット上で無料で公開しているところもあります。

 

 


☆おしらせ

・12月1日実施の、3学年第2回学調の解説速報はトップページに移りました。