化学 教材紹介   富士宮教材開発

重要分野 解説指導マニュアル「これから」

写真はイメージですが、内容物(ファイルや資料の数など)はすべて同じです。


富士宮教材開発の教材はすべてそうなのですが、提供しているのは問題と答えではなく「指導法」、すなわち一流の先生ならマンツーマンの授業で、どのように生徒さんに説明するかを書き起こしたものです。

そのため一問あたりの解説量が、普通の教材のページ数だけでも3倍から5倍以上の解説量を持つ普通にはみることのない教材です。

万一お気に召さなかった場合の返金保証は付けておりますが、時期ごとに無料配信している解説資料もありますので、まずはそちらをお試しください。(無料配信ページへ。)

また、教材で使われている全問題と、解説資料の最初の4ページをサンプルとしてご覧いただけるようにしておりますので、そちらで内容をお確かめください。


化学これから 「高校化学の初歩の初歩」

 

・A4用紙に42ページの圧倒的な解説量。勉強しやすいように、8回に資料を分けておりますので(上の写真を参照してください)、計画的にとりくんでください。

 

・原子のつくり、周期表の使い方など化学のすべての基礎を身に付けます。

土台をしっかりさせることが、学力向上に不可欠なことでありますし、一番の早道です。

 

導入教材として、すべての方にまずはここに書いてある内容をしっかりとつかんでもらうため、今回は破格の料金設定となっております。

※30日間返金保証:教材の内容に満足いただけない場合、理由のいかんを問わず返金に応じさせていただきます。30日間じっくりと、この教材が役に立つかお試しください。)

¥5,990

¥2,990

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1

特別特典 質問シート

解説マニュアルだけでは対応しきれない個別の質問にお答えします。

 

特典としてついている「質問シート」に解き方がわからない問題、あるいは学校の授業で分からなかったことや勉強の仕方など、なんでもこの「質問シート」に書き入れてお寄せください。

 

担当者がA4用紙1~2枚相当の内容、あるいは10~15分程度の動画で、質問にお答えします。

 

この教材で苦手分野を無くしていき、発展的で自分では解決しきれない問題はこの質問シートで解決する。

 

これこそ「塾に頼らない画期的勉強法」

より主体的にとりくむことになるので、そういう方こそ成功するのは必然です。


※質問紙シートは4枚付いています。

※高校生用質問シートは、「英語」「数学」「物理」「化学」「世界史」「日本史」に限らせていただきます。

特別特典2. 学習相談サービス

教材が届いた時から1か月(30日)の間、この単元に関するご質問等、お受けします。

簡単なものならメールで何度でも、必要に応じて動画解説なども送らせていただきます。

質問シートは、この期間が終わった後か別の教科にお使いください。

 

お届けする動画解説のサンプルです。


上の動画はユーチューブ上にアップしてあるものです。

これらとは別に、個別の質問に応じ動画を撮り下ろします。

そのため、質問シートにはなるべくくわしく何を聞きたいかわかるようにしてください。

質問内容について、こちらから問い合わせることもあります。

 

成績アップにもっとも有効なのは、自分がどこまでできて何ができていないかという現状分析です。

質問シートの作成そのものが、ものすごい良い勉強です。

※お支払方法は「代金引換」「銀行振り込み」「クレジットカード決済(Pay Pal)」からお選びいただけます。

問題と教材のサンプルはこちらから無料でダウンロードできます。

ダウンロード
「高校化学の初歩の初歩」取り扱い問題
たったこれだけの量の問題に、42ページの解説量です。
ご期待ください。
化学(物質の構造)別刷問題.pdf
PDFファイル 720.7 KB
ダウンロード
解説資料サンプル
実際の教材の最初の4ページです。
化学(物質の構造)1-4.pdf
PDFファイル 630.9 KB

質問シートは単独でも購入できます。

質問シート(高校生用)

ご近所の塾の月謝などと比較してください。

同じ費用で、より多くの知識と技術を身につけられます。

¥1,480

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1

質問シート(高校生用) 6枚セット

お得な6枚セット。

5枚分の料金で、1枚お得です。

¥8,880

¥7,400

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1


この教材であつかっている全問題をこちらでも紹介します。

一部、画像がのせられませんでしたので上のダウンロードを参考にしてください。

またブラウザ上なので文字についている数などしっかり表されていませんが、実際の教材ではわかりやすく表されていますのでご安心ください。

また、時間があるときもう少し見やすいように直していく予定です。


化学〔物質の構造〕 別冊問題

問1 中学化学の復習 原子の構造 原子核(陽子・中性子)と電子

次の文の①~⑦に適する語句を入れなさい。

 

(a)原子は、+の電気をもった(①)と、-の電気をもった(②)からできている。

  (①)は、+の電気ももった(③)と電気をもたない(④)からなる。

(b)陽子と電子の質量は大きく異なるが、陽子1個が持っている電気の量は

   電子(⑤)個がもっている電気の量とちょうど等しい。

 

(c)もとの状態では、原子の中の(⑥)の数と電子の数が等しいので、原子全体としては電気的に(⑦)である。

問2 原子の構造(原子核と電子)、原子の質量

 原子はその中心部に正の電荷をもった(①)があり、(①)の周りには負の電荷をもった(②)が存在している。(①)は正の電荷をもった(③)と、電荷をもたない(④)で構成されているが、元素の種類は(ア)の数で決まるので、この数を(⑤)とよんでいる。

原子の質量は、そのほとんどが(イ)で占められ、(ウ)と(エ)の質量はほぼ等しいが、(オ)の質量は非常に小さい。そのため、(ウ)と(エ)の数の和を(⑥)とよび、原子の質量の目安として用いる。

 

(1) 文中の①~⑥に適する語句を答よ。

 

(2) (ア)~(オ)にあてはまる語句を(1)の①~⑥の中から選び記号で答えよ。

問3 原子の構造、電子殻と電子配置

次の表の空欄をうめよ。

(編注.「原子・原子番号・質量数・陽子の数・中性子の数・電子の数(K殻・L殻・M殻)」の項目が与えられた表の空欄を埋めていく問題です。原子名が与えられているものもあれば、他の情報から原子名を推測する問題もあります。)

問4 質量数と陽子・中性子

次の原子と中性子の数が同じである原子を、下のア~オからそれぞれ選びなさい。

(1)  C               (2)  Ar

 

(選択肢)ア  O  イ  C  ウ  N  エ  K  オ  Ar  カ  Ca

問5 同位体と分子の種類

自然界の酸素原子には O、 O、 O の3種類の同位体があります(編注.本当は質量数が与えられています)。酸素分子は何種類存在しますか。

問6 同位体や同素体など化学用語の意味を確認する問題

次の①~⑤の記述について、正しいものには○、

誤っているものには×と記しましょう。

 

① 同位体は、互いに化学的性質が異なる。

② 互いに同位体である原子中の陽子の数は等しいが、中性子の数は異なる。

③ 同位体はすべて放射能をもつ。

④ 互いに同位体である原子中の電子の数は等しい。

⑤ 同位体は、同じ元素だけからなる物質で、酸素とオゾンのような関係をいう。

問7 ここまでのまとめと周期表の活用

次の原子の、(1)陽子の数、(2)中性子の数を書きなさい。

 ①  C   ②  Al   ③  P

問8 ここまでの総まとめ 元素記号と元素名、構成粒子の数など

次の表を完成させましょう。

(編注.「元素記号・元素名・原子番号・陽子の数・中性子の数・質量数・電子の数」の項目が与えられた表の空欄を埋めていく問題です。元素記号や元素記号が与えられているものもありますが、他の情報から元素記号を推定する問題もあります。)

ワークシート 電子配置 各元素の電子配置を作図して確認

原子番号20までの原子(H〔水素〕、He〔ヘリウム〕、Li〔リチウム〕、Be〔ベリリウム〕、B〔ホウ素〕、C〔炭素〕、N〔窒素〕、O〔酸素〕、F〔フッ素〕、Ne〔ネオン〕、Na〔ナトリウム〕、Mg〔マグネシウム〕、Al〔アルミニウム〕、Si〔ケイ素〕、P〔リン〕、S〔硫黄〕、Cl〔塩素〕、Ar〔アルゴン〕、K〔カリウム〕、Ca〔カルシウム〕)の電子配置を埋めていくワークシートです。

一度はやっておくべき課題です。

問9 電子配置の確認、周期表利用

次のような電子配置の原子を元素記号で書け。

(1)K殻(2個)、L殻(6個)                                             (2)K殻(2個)、L殻(8個)、M殻(1個)

(3)K殻(2個)、L殻(8個)、M殻(5個)                     (4)K殻(2個)、L殻(8個)、M殻(7個)

問10 電子配置の確認、周期表との関係の考察

(例)にならって、次の原子の電子配置を記せ。

ただし、K、L、M殻に入る電子の数をK(2) L(8) M(1)のように表すとする。

(例) O…K(2) L(6)

(1) Ne             (2) Mg               (3) S              (4) K

問11 最外殻電子の数、化学的性質の根拠

次の原子の最外殻電子の数を答えなさい。

(1) Li               (2) C                  (3) Cl            (4) Ar

問12 価電子の数、最外殻電子と価電子との違い

次の原子の価電子の数を答えなさい。

(1) Ca              (2) N                  (3) S              (4) Ne

問13 原子がイオンになるしくみ、陽イオンと陰イオン

次の原子がイオンになるとき、何個の電子を受け取るか、または失うかを答えなさい。

(1) H         (2) O        (3) Mg          (4) Br


ブラウザの関係でイオンの価数や「+」「-」が小さく表せずみにくくなっています。

正確なことは上の無料ダウンロードからご確認ください。


問14 イオンのでき方を表す式、イオン式

電子をe-で表し、次の原子がイオンになる変化を、(例)にならって書きなさい。

(例) Na → Na++e-   Cl + e- → Cl-

(1) H             (2) S              (3) K           (4) Ca    (5) Al             (6) I

問15 安定な電子配置、希ガス型

電子の数が次のイオンと同じ希ガス原子の元素記号を答えなさい。

(1) Li+           (2) F-           (3) K+         (4) Mg2+          (5) O2-

問16 イオンの構造、電子配置

次のイオンの ①陽子の数 ②電子の数 を答えなさい。

(1) F-          (2) Al3+          (3) S2-        (4) H+

問17 原子の構造まとめ 総合・融合問題

次の問(1)~(4)について、当てはまるものを①~⑤のうちから選びなさい。

(1)中性子の数が電子の数と異なる原子

① 2H           ② 4He           ③ 12C            ④ 16O            ⑤ 35Cl

(2)原子番号と必ず同じ数値になるもの

① 原子数に含まれる中性子の数                       ② 質量数

③ 中性の原子に含まれる電子の数                   ④ イオンの価数

⑤ 陽イオンに含まれる電子の数

(3)13Cと14Nとで同じであるもの

① 原子番号                ② 中性子の数              ③ 質量数

④ 中性の原子の電子数                                    ⑤ 陽子の数

(4)Na+と電子数が同じであるもの

① Ar           ② Cl-           ③ Cu2+         ④ F-             ⑤ K+

問18 純物質と混合物の分類

次の各物質を純物質と混合物に分けなさい。

(a)窒素            (b)空気            (c)ドライアイス         (d)ステンレススチール

(e)塩化ナトリウム                  (f)石油                         (g)黒鉛                    (h)塩酸

問19 混合物の分離精製 ろ過・蒸留・再結晶・抽出など

 次の分離・精製に最も適した操作法(複数の場合もある)を答えなさい。

(1)少量の砂と硫酸銅(Ⅱ)五水和物を含んだ硝酸カリウムから硝酸カリウムを取り出す。

(2)ウイスキーからアルコール(エタノール)を取り出す。

(3)大豆から大豆油を取り出す。