英語リスニング問題 本当のコツ

むしろ、なぜ誰も教えてくれないのか不思議なくらいな

英語リスニング問題 本当のコツ

(メモを取ることではありません)

 

“2年生の時まではわりとよかったけど、3年生になってからリスニング問題で点をとれなくなっちゃった、”そんな方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな方のために「リスニング問題のコツ」についてお話ししたいと思います。

 


予備知識が必要なので、別のところから話をはじめます。

 

例えば「~に興味がある」は「be interested in ~」ですよね。これはちゃんと覚えている方も多いと思います。

 

しかし、決して悪いことではないのですが、この形で覚えるので実に多くの方(ほとんどと言っても差し支えないでしょう)が、例えば「I’m interested in his books.」などの文を読むときにI’m interested inまで読んでここで間をあけてhis booksというように読んでしまいます。

 

実際にはIf you are interested, please call us.などの文でもわかるように、be動詞+interestedで一かたまりで、何の分野において興味を持っているか表すときだけinを使って表すものなので、I’m interestedで間をおいてin his booksを一かたまりで読む方が正しいです。

 

「get to ~」「~に着く」も同様で、…get to、ここで間をとってthe stationと読んでしまう方が多いと思いますが、実際には…get、ここで間をとってto the stationと一気に読むのが正しいです。

 

 

ここで問題になるのが代名詞の目的格です。

 

おさらいしておきますと代名詞の目的格(この用語自体は習っていないかもしれません)というのは代名詞のかたちの変化の3っつめ、例えば I – my – me – の「me」にあたります。

 

つまり、me, you, him, her, it, us, you, themのことをいいます。

 

これらは、代名詞を動詞や前置詞の後ろで使うときにはこの形にすると習います(動詞や前置詞の目的語という言い方もします)。

 

これらの言葉は動詞や前置詞との結びつきが強いので、実際に発音される際には前の動詞や前置詞とほとんど一体化されます。例えばI like you.のlike youは「ライキュー」、tell us…

は「テルぁス」ぐらいに聞こえます。

 

動詞の後ろで使われるというよりもむしろ、動詞とくっついて一かたまりとして使われると考えていいでしょう(フランス語の代名詞の目的格は、くっつきすぎて動詞の前にいってしまうくらいです)。

続きを読む

コラム集